不動産売却にかかる手数料について

不動産売却といった場合に、売却金額がそのまま売主としてのもうけになると考えがちですが、手数料などの名目でさまざまな経費がかかり、実際の取り分ははるかに少なくなってしまうことがあります。そのため、不動産売却のためにどのような費用がかかるのかを、あらかじめよく把握しておくことが望ましいといえます。
まずは不動産会社に支払う仲介手数料ですが、これは成功報酬的な意味合いもありますので、家売る場合の相手がみつかり、契約が成立することによって支払う義務が生じるものです。一般には売却代金の3パーセントから5パーセント相当に消費税分が加わった金額というのが目安になりますので、売却金額が大きければ、それだけこの手数料の部分も大きくなってくるということになります。不動産会社では、この仲介手数料とひきかえに、物件をインターネットやミニコミ紙などで宣伝をしたり、買取希望者への情報提供や現地案内をしたり、契約関係の書類作成にあたったりといった、さまざまな業務を行います。
また、登記や売買契約にあたっては、登録免許税や印紙税といった税金がかかりますので、こちらも費用として考慮しておかなければなりません。登記にあたっては、個人で法務局に申請して、手続きのいっさいを行うということも不可能ではありませんが、専門的で複雑であるため、一般には司法書士のような法律の専門家に依頼することになります。その際には所定の司法書士報酬を支払うことになりますので、これも不動産売却にあたっての手数料的な経費となります。